ダージリン ジッダパハール茶園
7商品 1-7表示

ギッダパハール茶園

7商品 1-7表示


ギッダパハール茶園 GIDDAPAHAR



【 2019年ファーストフラッシュ EX-5 】

サスガ人気の茶園。

毎朝、茶園オーナーが誰よりも早くに茶葉をチェックし、おいしい紅茶のために動き回って茶葉を作り上げているので、 その努力がこのお茶に結びついている、まさにそんなダージリンティーです。


摘み取ったその日に、茶園を訪問して、茶園オーナーのクマール氏より直接購入してきた茶葉です。
チャイナの葉の良さがとてもよく出ているファーストフラッシュで、高級緑茶に近い、玉露を思わせる香りがあります。
そして、一口、口に含んだ時の甘さと酸味が絶妙なバランスでのどを抜け、同時に鼻腔から抜ける新緑の香りが、
まさに高級ダージリンの重厚感を醸し出しています。
重厚感を望む方には、まずこちらをおすすめします。

冷めたときには甘みも増し、さらに高級紅茶に変身してくれる、飲んでいて楽しい、美味しいダージリン・ファーストフラッシュです。

摘採日 3月22日
製茶&パッキング 3月22日


渋み ★★



ギッダパハール茶園訪問


【 2018年セカンドフラッシュ EX-37 】

マスカテルフレーバーと一言で言うにはあまりにも軽々しいほど、芳醇なフルーティーな甘みと奥深さが、心もからだも癒してくれる、至極のセカンドフラッシュです。

香りもラグジュアリーでありながら、いったん口に含んだ時に舌の上を踊るダージリンのスペシャリティーな味が、 セカンドフラッシュを代表する、完成度の高さと、それを超える、のど越しの甘さと深みがまろやかにベストマッチングしているこの「作品」は、ぜひともみなさまにお飲みいただきたい逸品に仕上がっています。

渋み ★★〜★★★



【 2018年ファーストフラッシュ DJ-6 】

深い甘みが他の茶園のお茶とはひときわ違って目立つこのダージリンは、 ギッダパハール茶園のオーナー自らの努力の賜物と、今回茶園を訪れ、オーナーと会い、納得しました。

こだわりの製法と、オーナー自らが人生のすべてをかけ、どの従業員よりも早くに茶園&工場に入り、すべてのチェックを細かく行うというダージリンのお茶に対する愛情と情熱と意気込みが、この小さな経営の茶園の茶葉をこれだけのすばらしい味に仕上げ、ファンを増やして行ったことに脱帽と敬意を表します。


渋み ★★★




ギッダパハール茶園訪問 2018年4月
  • ギッダパハール茶園1
  • ギッダパハール2
  • ギッダパハール3
  • ギッダパハール4
  • ギッダパハール5
  • ギッダパハール6
  • ギッダパハール7
  • ギッダパハール8

  • ギッダパハール茶園10
  • ギッダパハール11
  • ギッダパハール12


【GIDDAPAHAR ギッダパハール茶園情報】


giddha"は「ハゲワシ」、"pahar"は「丘」の意味。
多数のハゲワシが岩肌の断崖に群がり
平野を見下ろしているところからこの名前がつけられた。

主に中国種および中国交配種の低木茶樹を栽培し、
部分的にアッサム交配種の茶樹も栽培している。
茶園の大部分は東向き、一部は南東向き


創業:1888年
標高:平均海抜1,372m
位置:クルセオン・サウス
面積:94ha
生産量:年間30t(製品換算)

<<


※ハリシュC.ムキア 井口智子訳(2012年) ダージリン茶園ハンドブック 丸善出版から引用




お電話でのお問合せはフリーダイヤル
0120358558、携帯からは0572291554

COMPASS INFORMATION     コンパスインフォメーション


PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。