プッシンビン茶園
3商品 1-3表示

プッシンビン茶園 2019

3商品 1-3表示


プッシンビン茶園 PUSSIMBING

このプッシンビン茶園は、ダージリンに13、アッサムに5つの茶園を持つ、非常に優秀なチャモン社が持つ茶園です。



【2019 セカンドフラッシュ DJ-74】

芳醇なマスカテルフレーバーで、私たちの舌と心を潤してくれること間違いなしのダージリンセカンドフラッシュです。

日本に一番多くのお茶を輸出しているインド・チャモン社がオーナーであるオーガニック農園の
このプッシンビン茶園は、
栽培方法も丁寧ですが、その栽培者の心が味として出ているのが特長です。





【Pussimbing(minzoo) プッシンビン茶園】


中国交配種とアッサム交配種の低木茶樹を栽培しており、
栽培面積はほぼ同じ。茶園の大部分は東向きで、一部は南向き。

レプチャ語で”Pussimbing”は「豊かな自然の流れ」の意味。 茶園を歩くと、2本のきらめく川や、小川や滝を多数目にすることができる。
”minge”はレプチャ語で「霧に覆われた谷」の意味。

1996年からバイオ・オーガニック農法を採用。


創業:1890年
標高:平均海抜1,219m
位置:ダージリン・イースト
面積:201ha
生産量:年間85t(製品換算)



※ハリシュC.ムキア 井口智子訳(2012年) ダージリン茶園ハンドブック 丸善出版から引用


お電話でのお問合せはフリーダイヤル
0120358558、携帯からは0572291554

COMPASS INFORMATION     コンパスインフォメーション


PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。